カバー工法ならこんな事が可能

古く諦めていたサッシの入替工事が可能に

鉄筋コンクリート造や鉄鋼造などの建物に取り付けられたサッシの取替工事は非常に手間がかかります。
そのため、サッシだけはリフォーム出来ないっといったケースが多く見受けられました。
カバー工法では、ほぼ全てのケースにおいて躯体を傷めず工期、コストを削減し工事する事が可能です。
マンションリノベーションなどには、最適な工事です。

断熱効果を高めるためペアガラスへ変更しい

既存のアルミサッシ枠にペアガラスの障子を組み込む事も可能ですが、ガラスが2枚になりますので当然障子の重量が増します。
古いサッシですと設計上耐えられない重量になってしむこともございますし、レールの劣化により数年で立付けや動きが悪くなってしまうことがあります。
カバー工法を選択する事で、ペアガラスへの変更も先を見据えた工事にする事が出来ます。
工事料金は、増しますがライフタイムバリューに優れた工事です。
また、近年ではアルミ素材の他に樹脂サッシでのカバー工法にも対応しておりますので断熱効果を期待されるお客様にはおすすめです。

玄関の入替工事

カバー工法においても玄関サッシの入替工事は、少し手間のかかる工事です。
敷居の部分は、どうしてもハツリ工事などが発生いたします。
リフォームサッシドットコムでは、ハツリ工事などの付帯工事も自社にてワンストップで行えるため他社よりも早い対応が可能です。
例えば、マンションで店舗を開業されるお客さまなどには玄関の入替工事は、好評頂いております。

アルミサッシカバー工法や窓リノベーションのことなどお気軽にお問い合わせください。0120-03-2174 メールでのお問い合せは、こちら