カバー工法のメリット・デメリット

カバー工法のメリット

カバー工法は、既存のサッシ取替工事に比べ沢山のメリットあります。
 
・施工コストが下がる。
・工期の短縮が可能。
・古い建物や鉄筋コンクリート造、鉄鋼造の建物への対応も安易。
・躯体(下地や建物の骨組み)を傷めない。
・内装工事(クロス工事、左官工事など内壁の補修工事)がほとんど必要ない。
・外装工事(サイディング工事、タイル工事などの外壁の補修工事)がほとんど必要ない。
・ペアガラスや樹脂サッシにすることで断熱効果が増す。
 
このようにカバー工法には、価格以外にも様々なメリットがあります。

カバー工法のデメリット

カバー工法にデメリットがあるとすればただ一つ。
 
・開口が少し狭くなる。
 
当然ですが、既存サッシの内側にカバー枠を取り付けますので開口が小さくなります。
ですが、それにもましてメリットの得られる工法です。

アルミサッシカバー工法や窓リノベーションのことなどお気軽にお問い合わせください。0120-03-2174 メールでのお問い合せは、こちら